セミナーでも学べる

株式会社設立の方法はセミナーでも学べる

株式会社を作るためには、行うべきことがたくさんあります。
申請書を用意したり、事業計画を作成したり、費用を備えることも必要です。
初めて株式会社を設立する場合は分からないことが多いため、会社設立のセミナーに参加して手順を学ぶ人もいます。

セミナーは実際に参加することもできますが、その様子が動画で紹介される場合もあります。また、インターネットで紹介されている株式会社創業のノウハウから学ぶこともできます。基本的な知識から、メリット・デメリット、注意点まで広く紹介されています。株式会社を作るにあたっては、まず手順について知ることが大切です。

株式会社創業に至るまでの手順は概ね次の通りです。
初めに発起人会を開催して、事業計画書の策k製、定款の作成、定款の認証、発起人の株式引き受け発起人の払込、設立時役員の選任、設立手続きの調査と続きます。それらが終わったら、登記となります。
事業計画書ではどのような項目を作成するのでしょうか?

それは、事業の目的、事業内容、開業資金計画、収支計画となっています。事業の目的では、創業の目的、どんな会社にしたいのか、どんな事業を行いたいのかなどを決めます。

事業内容では、扱う商品、サービス、技術のこと、業界、ビジネスルール、傾向などをテーマにします。開業資金計画では、開業に必要な資金のこと、自己資金でまかなえる額などがテーマになります。株式会社を作るにあたっては、株式会社の長所と短所を知っておかなければなりません。

まず長所は、経営基盤が安定すること、生前贈与が容易になること、資本金1000万円未満なら消費税について2年間納税義務がなくなるといったものがあります。さらに、定期保険を全額損金にできる、弔慰金で相続税の非課税枠が使える、死亡退職金で相続税の非課税枠が使える、見舞金・弔慰金が支給できることなどがあります。

また、退職金が支給できることもメリットに挙げることができます。株式会社の短所は、設立費用がかかること、役員任期があること、決算の公告義務があること、赤字でも地方税の支払い義務があること、交際費の制限などがあります。

他にも、税務調査リスクや会計処理の複雑さ、税理士費用がかかることもデメリットとして挙げられます。
ちなみに株式会社は未成年者でも発起人になることができます。
ただし、双方の添付書類が必要なことと、親権者双方の同意が必要になります。また株式会社を作るにあたって、必要書類について登記メーカーなどのツールを使って作成することもできます。


Copyright© 2014会社設立を簡単に、自分の夢の実現へ All Rights Reserved.