ツールを活用する

株式会社の設立でツールを活用する

株式会社を設立する場合、一般的には専門家に依頼をして登記を行います。ただし、自分で登記申請を行うこともできます。自分で登記申請を行う場合、専門知識を備えていればスムーズに登記申請ができますが、そうでない場合は時間と手間がかかります。

したがって、株式会社の設立申請を自分で行う場合は、専用ツールを使って申請書を作成することができます。

例えば、登記メーカーはその一つです。登記メーカーは会社設立登記の申請を自動で作成できる専用ツールのことです。必要事項をWEBから入力するだけで作成が可能というとても便利なツールです。本人がすることは指定の項目を埋めるだけ、後はできあがった申請書を登記所に提出するだけです。
登記メーカーで作成できる申請書は次のようなものです。

株式会社の新規設立、株式会社の役員変更、株式会社の資本金増資、本店移転、目的変更、商号変更、代表取締役の住所変更、解散事由の廃止などです。
新規会社創業で必要な入力項目は、社名、本店所在地、目的、資本金、事業年度、取締役、監査役、発起人となります。

役員変更の場合は、株式会社変更登記申請書、定時株主総会議事録、取締役会議事録、取締役決議書、印鑑届書、委任状、OCR申請書、印紙台紙を作成できます。
資本金増資では、変更登記申請書、取締役会決議書、株主総会議事録、募集株式申込書、資本金の
計上に関する証明書、印紙台紙などを作成できます。

一方株式会社設立では、メリット・デメリットについて考慮しておく必要もあります。株式会社創業には、信用力アップや知名度向上、出資の拡大、経営基盤の安定、直接金融が可能になる、実効税率の低減ができるなどのメリットがあります。

デメリットには、会社創業時の費用がかかること、手間暇かかること、役員任期がある、会計処理が複雑になること、交際費に制限があることなどがあります。
現在では、ソフトを使って申請書が簡単に作成できるため、未成年者でも同意を得れば株式会社を簡単に作ることができます。

しかしこうしたメリット・デメリットがあるため、創業前には注意深く検討することが求められます。
株式会社の創業では、さまざまな費用がかかります。
定款認証手数料や、定款印紙代、登録免許税などです。
これらは全て含めて200000円以上かかるため、事前に備えておく必要があります。
また費用は会社清算時にもかかります。
会社清算時には、法務局への登録免許税、漢方への広告費用などがかかります。


Copyright© 2014会社設立を簡単に、自分の夢の実現へ All Rights Reserved.